>
財団の沿革

財団の沿革

 

 昭和47年2月 8日   財団法人の認可を得る。

      2月 9日   財団法人が設立される。

   昭和48年 3月   鳥取市教育福祉会館の建築が完了し、同年5月から管理運営開始。

         5月   鳥取市働く婦人の家を受託、管理開始。

   昭和51年11月   重要文化財仁風閣の修復完了に伴い、宝扇庵とともに受託、管理運営開始。

   昭和52年 4月   老人の里(大樹荘)の管理運営開始。

              同時に自然休養村施設つづらを荘を受託、管理運営開始。

         8月   鳥取市福祉センター白砂荘を受託、管理運営開始。

   昭和53年 4月   鳥取海洋センターを受託、管理運営開始。(B&G所有)

         6月   鳥取市青少年研修センターの建築が完了し、管理開始。

   昭和54年 4月   鳥取市北青少年研修センター及び鳥取中央集会所(醇風会館)の建築が完了し、管理開始。

   昭和55年 4月   鳥取市文化ホールを受託、管理運営開始。

   昭和57年 4月   鳥取市文化センターを受託、管理運営開始。

        12月   鳥取市東コミュニティセンターの建築が完了し、管理開始。

              同時に山の手体育館を受託、管理運営開始。

   昭和59年10月   鳥取市海洋センターを受託、管理運営開始。

   昭和63年 1月   鳥取市津ノ井体育館の建築が完了し、管理開始。

   平成 元年12月   鳥取勤労者総合福祉センターを受託、管理運営開始。

   平成 2年12月   鳥取市総合福祉センターを受託、管理運営開始。鳥取市福祉センター白砂荘の受託解除。

   平成 4年 4月   埋蔵文化財の受託調査開始。

   平成 7年 4月   鳥取市民会館を受託、管理運営開始。

   平成 8年 3月   映像情報産業共同利用設備整備事業(ディジタルファクトリー)を実施。

         7月   鳥取中央集会所(醇風会館)を鳥取市へ寄付。

   平成 9年 4月   学習交流センター鳥取を受託、管理運営開始。

   平成10年 3月   鳥取市海洋センター、鳥取市山の手体育館の受託解除。

              鳥取市青少年研修センター、鳥取市北青少年研修センター、

              鳥取市東コミュニティセンター、鳥取市津ノ井体育館を鳥取市へ無償貸与。

         4月   鳥取市勤労青少年ホーム、鳥取市こども科学館を受託、管理運営開始。

         6月   レーク大樹の建築が完了し、管理運営開始。

   平成11年 3月   学習交流センター鳥取の受託解除。

   平成12年 3月   仁風閣、宝扇庵の受託解除。埋蔵文化財の受託調査解除。

              (平成12年4月 財団法人鳥取市文化財団へ移管)

         6月   映像情報産業共同利用設備整備事業の機器を、財団法人鳥取市文化財団へ無償譲渡。

   平成13年 5月   鳥取市障害者福祉センターを受託、管理開始。

   平成14年 6月   鳥取市働く婦人の家の受託解除。

         7月   鳥取市男女共同参画センター受託、管理開始。

   平成15年 8月   鳥取勤労者総合福祉センターの受託解除。

         9月   鳥取市高齢者福祉センターを受託、管理運営開始。

   平成18年 3月   鳥取市総合福祉センター、鳥取市高齢者福祉センター、鳥取市障害者福祉センター、

              鳥取市民会館、鳥取市男女共同参画センターの受託解除。

         4月   鳥取市民会館、鳥取市民体育館・鳥取市千代テニス場・鳥取市城北テニス場・

              鳥取市民プール・鳥取市武道館の指定管理者管理運営開始。

              鳥取市自然休養村施設の指名指定管理者管理運営開始。

         8月   鳥取市勤労青少年ホーム、鳥取市文化センター、鳥取市文化ホール、

              鳥取市こども科学館の受託解除。

         9月   鳥取市勤労青少年ホーム、鳥取市文化センター・鳥取市文化ホール・

              鳥取市こども科学館の指定管理者管理運営開始。

   平成19年 4月   鳥取市男女共同参画センターを受託、管理開始。

       6月1日   財団法人国府町教育文化事業団及び財団法人河原町教育文化事業団との合併協定調印。

       7月1日   財団法人国府町教育文化事業団及び財団法人河原町教育文化事業団との合併により、

              国府町民体育館の運営開始と河原市民プールの資産管理開始。

              河原市民プールを鳥取市へ無償貸与。

   平成21年 4月   鳥取市民会館、鳥取市民体育館・鳥取市千代テニス場・鳥取市城北テニス場・

              鳥取市民プール・鳥取市武道館の指定管理者管理運営開始(引き続き)。

   平成22年 4月   鳥取市勤労青少年ホーム、鳥取市文化センター・鳥取市文化ホール・

              鳥取市こども科学館の指定管理者管理運営開始(引き続き)。

  平成25年3月19日   一般財団法人として認可を得る。

      4月 1日   一般財団法人として移行登記。

              レーク大樹を鳥取市に寄付。 

      5月31日   レーク大樹を閉館。

  平成26年4月 1日   鳥取市民体育館・鳥取市千代テニス場・鳥取市城北テニス場・鳥取市民プール・

              鳥取市武道館・鳥取市勤労青少年ホームの指定管理者管理運営開始(引き続き)

              鳥取市文化センター・鳥取市文化ホール・鳥取市こども科学館の

              指定管理者管理運営開始(引き続き)。

              鳥取市民会館の指定管理者管理運営開始(引き続き)。

  平成27年5月 1日    鳥取市青少年研修センターを鳥取市に無償譲渡。

 

ページ上部へトップページへ